動画のあれこれを学ぶサイト

対応ファイルがが少な過ぎなソフト

対応ファイルがが少な過ぎなソフト

私が使ってみた動画エンコーダーのなかに、Wmv Toolという、カット編集をメインとするソフトがありました。
このソフトは、WMVファイルとASFファイルに特化しているのですが、最近わけあってASFファイルを取り扱う機会が増えまして、それ用に使えないものかと思い試してみました。
私の古いノートパソコンでは、途中でフリーズして動作しなくなってしまいますが、最近買った新しいパソコンだと最後までスムーズに動きます。
最初に使った時はいくらファイルをカットしても、出力されたファイルが入力時のままでしたので、これも使えないと、さじを投げかけたのですが、よく見ると使用法が間違っていました。
マニュアルをよく読んでみると、もうワンステップ操作があることが分かり、自分の愚かさに思わず失笑してしまいました。
何事も思い込みはいけないということを学んだ気がしました。
対応ファイルが、上記のように2種類である点が少し気になりますが、問題なく動作するので、インストールしたままにしておこうと思います。
後は、これまた必要なMP4とmkvに対応の動画カットの出来るフリーソフトを探すということになりますが、見たところ本体ソフトだけでなく、さらに2、3の補助ツールのインストールが必用になるようなものがいくつかありましたが、設定の面倒くささが気になって、積極的に使う気にはなれないといったところです。